小沢氏、野党共闘要請へ 自民は島尻元沖縄相擁立 衆院3区補選

 自由党の小沢一郎共同代表が、県知事に転出した玉城デニー前幹事長の衆院議員失職に伴う来年4月の衆院沖縄3区補欠選挙を巡り28日、野党各党に共闘を要請する。各党幹部と会い、フリージャーナリストで新人の屋良朝博氏(56)への支援を求める。複数の関係者が27日明らかにした。
 自由党沖縄県連は27日、屋良氏に立候補を要請した。玉城氏は同日、屋良氏を支援する考えを記者団に明らかにした。

 要請後、屋良氏は沖縄市内で記者団に「家族と相談し、返答する」と述べた。28日にも立候補の意向を伝える。自由党は当選した場合、入党を求めているが、問題ないとの認識も示した。
 一方、玉城氏も同市内で取材に応じ、屋良氏について「米海兵隊や沖縄の米軍再編問題に精通している。国会議員になって活躍してほしい」と期待を示した。
 自民党は近く島尻安伊子元沖縄北方担当相(53)の擁立を正式に決める。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する玉城デニー知事の支持勢力と、安倍政権の全面対立の様相を呈している。
 自由党沖縄県連は、屋良氏の擁立を固めている。小沢氏は立憲民主党の長妻昭選対委員長、国民民主党の玉木雄一郎代表らと個別に会談し、辺野古移設に反対する「オール沖縄」での選挙戦を呼び掛ける考え。
 小沢氏は各党の支援を取り付けた上で沖縄入りし、29日に記者会見して、屋良氏擁立を発表する見通しだ。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る