ネット販売で高い稼働率 那覇ウェストイン

左から一橋駿太さん、比嘉健貴さん、我那覇亮さん=27日、那覇市

 那覇港のほど近くに位置する那覇ウェストイン(西1―16―7)は主にビジネス層やファミリー客に人気のホテル。本館60室と2017年9月にオープンした新館90室と計150室を保持し、インターネット販売に注力してから功を奏し年間を通して80%以上の高い稼働率を維持する。夏のハイシーズンに至っては96%もの稼働率を誇るという。
 30%は海外からの観光客で本島からもほど近い台湾からの観光客が多く、英語が話せるスタッフも揃える。フロントチーフの一橋駿太さん(28)は「那覇港や泊港も近くダイビング客の利用も多い。洗濯機も使えるので便利と好評をいただいている」と話す。フロントマネージャーの我那覇亮さん(39)は「フレンドリーさを交えて積極的に話しています」とアピール。
 「口コミやサイトの評価等もお客様が泊まる場所を選択する上で大事なツール。ホテルとしてさらに喜んでいただけるようイベントも多く仕掛け、満足度を高めていきたい」と意気込む。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの集団接種が17日、市総合体育館メインアリーナ…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では17日…
  3.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  5. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…

ページ上部へ戻る