良い新年迎えよう 新川小で門松づくり

来年を良い年で迎えられるようにと門松づくりをする新川小学校の教諭ら=28日午後、同校正門

 官公庁の仕事納めとなる28日午後、市立新川小学校(佐事安弘校長)の正門で教諭らが門松づくりを行った。
 汗を流したのは、同小教諭の平地竜樹さん、外間陽平さん、洲鎌朝太郎さん、那良伊千幸さん、運道恵理子さんら。高さ約120㌢の竹に、紅白の梅や紅白飾り、職員の自宅庭から採取したリュウキュウマツで飾り、ゴザを巻き、縄で縛り完成させ、校門に設置した。
 洲鎌さんは「毎年恒例の門松づくり。『あらしょっ子』が良い年で新年が迎えられるよう、また地域の皆様への感謝の気持ちを込めて設置した」と語り、「来年の干支の亥年をイメージして観葉植物テランセラを使って赤、白、緑で花文字をつくった」と述べた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る