平和国際観光都市へ進展 中山市長、陸自配備にも言及

中山市長の訓示を聞く職員=28日午後、市役所

 石垣市の仕事納め式が28日、市役所で開かれ、中山義隆市長が訓示で、この1年を回顧した。世界平和の鐘設置30周年を記念した「ピースベルアイランド・イシガキ2018」を開催し、近隣諸外国に参加を呼び掛けたことについて「国際的な人的交流を進めるとともに、平和国際観光都市として進展することができた」と総括した。
 市税の徴収率が過去最高の97・1%に達したことを報告し「財源の確保はもちろん、税負担の公平・公正を期す観点から大変重要で意義深い」と述べた。
 石垣島への陸上自衛隊配備計画については「石垣市として協力体制を構築し、用地取得、施設建設等について要請、申請等が提出された場合、関係法令、市の条例等に照らし合わせ、適正に行政事務手続きを進める」とした。
 石垣港新港地区旅客船ターミナルが暫定供用されたことについて「完成後は20万㌧クラスのクルーズ船が接岸可能になり、観光、経済がますます活況を呈する」と期待。今年目立った児童生徒の活躍にも触れた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る