郵便局職員が年賀状仕分け 引き受け総数31万通余

配達場所ごとにテキパキと仕分けをする八重山郵便局の職員ら=29日夜、八重山郵便局

 「平成」としての新年を寿(ことほ)ぐ最後の年賀状の仕分け作業が、大詰めを迎えている。石垣市内と竹富町、与那国町を管轄する八重山郵便局(西里博務局長)=石垣市大川=は29日夜、1通でも多く元日に届けようと、管轄地域郵便局から集められた年賀状を配達場所ごとに仕分けする作業に追われた。
 八重山郵便局によると、今年の年賀状の引き受け総数は約31万8000通(前年度約36万通)で、29日現在、約20万3000通の配達準備をしている。29日から31日までの3日間に作業のピークを迎える。
 同局内では職員らが手分けして、配達場所ごとに1通ずつ仕分けをしていた。
 日本郵便では年賀状を元日に届けるため12月25日までの差出しを呼び掛けているが、同局では日以降に出す人が少なくないという。西里局長は「25日以降に出された年賀状も、元日に届けられるよう努力しています」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では14日…
  4.  県は14日、八重山で新たに17人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。新規感染者は石垣市で1…
  5.  石垣市は14日、今年4月1日で認可保育園やこども園などの待機児童ゼロを達成した、と発表した。保育の…

ページ上部へ戻る