親子2代の〝元日ベイビー〟も 仲宗根、井上さん夫婦 寿ぐ亥年生まれ 八重山病院

元日ベイビーの次男を抱く仲宗根絵里香さん(右)、井上美礼さん(左)=4日午後、県立八重山病院

 石垣市の県立八重山病院で1日、2家族の〝元日ベイビー〟が誕生した。そのうち、仲宗根さん家族は、親子二代続けて「亥年の元日」生まれとなった。

 新栄町に住む仲宗根寿(ひさし)さん(36)、絵里香さん(29)、寿汰郎(こたろう)君(3)の家族に、2910㌘の元気な男の子が生まれた。絵里香さんは「(寿さんと)同じ亥年の元日に産んで、というプレッシャーがすごかった」と笑顔で振り返る。
 寿さんは1983年亥年1月1日生まれの次男。出産予定日は2日だったが、家族の中での予定日はずっと「元日」になっていたという。絵里香さんは平成元年1月11日が誕生日なので、「1」が続くというめでたさも。
 出産後、元日生まれを心待ちにしていた寿さんは「よくやった」と喜びと労いの言葉をかけた。絵里香さんは「皆の希望を叶えられた」と安堵し、「小さいと言われていたので、無事に生まれてきてよかった。次男というのはやんちゃだから、長男と仲良くやってくれたら」と願った。
 名前は元日生まれのめでたさにちなみ、寿さんから「寿(ことぶき)」の字をもらって、決める予定という。
 登野城に住む井上淳さん(43)、美礼さん(37)、美海琉(みうり)ちゃん(4)の家族には、2758㌘の元気な女の子が生まれた。
 名前は美礼さんの「礼」と、沖縄生まれという意味を込めて「那覇」の「那」からとり、「礼那(れいな)」に決めている。
 山梨県出身の美礼さんは、石垣出身の淳さんと石垣島で出会った。「沖縄の子だよ」という思いを込め、長女の美海琉ちゃんの名も「琉」球にちなむ。美礼さんは「無事に生まれてきてくれてありがとう。(とにかく)健康で。健康であれば何でもできる」と願った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…
  2.  玉城デニー知事は9日、国の新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の対象に石垣市を追加した。市内…
  3.  石垣市の尖閣諸島周辺海域に10日領海侵入した中国海警局の船2隻が、地元漁船を追尾する際、一定の距離…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、10日午前11時40分ごろ、石垣市の尖閣諸島周辺の領海に、機関砲の…
  5.  県は、新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」適用地域に石垣市を追加した。石垣市では5月に入っ…

ページ上部へ戻る