冬のサガリバナ開花 寒さに負けず24時間

冬場に咲き、朝方にも散らず開花を保ち続ける〝幻のサガリバナ〟(平良八重子さん提供写真)=3日午後、石垣市登野城

 アマチュアカメラマンで、民宿たいらファミリー(平良正吉代表)経営の平良八重子さんが3日午後、石垣市登野城でサガリバナを撮影した。2011年からサガリバナの保全活動にも取り組んできた平良さんは「今の時期でもサガリバナは開花するが、寒さでつぼみのまま枯れることが多い。夜に開花し朝方には散ることから〝幻の花〟と言われるが、冬場に咲き、しかも24時間開花を保ち続けるサガリバナこそ、幻の花」と強調した。
 サガリバナはマングローブより後方の湿地に生える常緑小高木。アフリカ東岸部から東南アジア、太平洋地域にいたる広い範囲に分布し、北限は日本の奄美大島。南西諸島では初夏に枝の先端部や葉の落ちた部分から長さ20~60㌢の花序を下垂させ、たくさんの花をつける。
 平良さんは「桃林寺観音堂へのお参りの帰りにサガリバナが見たくなり、昨年たくさん開花していたところに寄り道。年明けのサガリバナに出会えた今年も、良いことがあるかも」と願った。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では20日…
  2.  南の島石垣空港と市街地を結ぶアクセス道路・県道石垣空港線の整備工事は2023年の全面供用開始に向け…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…
ページ上部へ戻る