陸自ヘリにレーザー照射 昨年10月、宮崎飛行中

 陸上自衛隊西部方面隊(熊本市)は10日、昨年10月に宮崎県諸塚村(もろつかそん)の上空を飛行していた輸送ヘリコプターが約1分間、地上方向からレーザー照射を受けたと発表した。操縦していた副操縦士の左目の視力が一時低下したが、機長が操縦を代わり機体にトラブルはなかった。宮崎県警が威力業務妨害などの疑いで捜査している。
 方面隊によると、昨年10月24日午後7時25分ごろ、宮崎県日向沖で夜間飛行訓練を終えた輸送ヘリ(CH―47JA)が高遊原(たかゆうばる)分屯地(熊本県益城町)に戻る途中、緑色のレーザー照射を受けた。当時機内には整備士も含め10人が乗っていた。
 副操縦士の視力は回復したが、方面隊は「失明の危険がある行為。機体や乗員の安全に重大な影響を与える可能性があり、警察の捜査に協力する」としている。
 自衛隊機や米軍機がレーザー照射される事件は以前から全国で相次いでいる。2015年には米軍普天間飛行場(宜野湾市)の周辺上空を飛行中の米軍ヘリに照射したとして、威力業務妨害罪で映像関連会社代表の男性が罰金50万円の略式命令を受けた。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では20日…
  2.  南の島石垣空港と市街地を結ぶアクセス道路・県道石垣空港線の整備工事は2023年の全面供用開始に向け…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…
ページ上部へ戻る