【金波銀波】「差別は当たり前。理不尽と差別は…

 「差別は当たり前。理不尽と差別はどこに行ってもある。差別に負けないことが大事だ」。本紙沖縄本島支局開設を記念した講演会で、池間哲郎氏が語ったこの言葉はひときわ印象的だった。米軍基地をめぐり、口を開けば「沖縄差別」という言葉が飛び交う風潮にげんなりしていたからだ◆広大な米軍基地が沖縄に集中し、県民が負担に苦しむ現状は理不尽であり、私たちの世代で何とか解決すべきだ。しかし、これが「差別」だから許せないという基地反対派の主張には、沖縄の中でも異論がある。それは東アジアの中心に位置する沖縄の宿命なのかも知れない◆人間もその生涯では、山のような理不尽に直面する。そもそも生まれた時から、容姿、才能、家柄など、自分の力ではどうしようもないハンディをつけられる。差別だと言えば差別だが、それを言うなら人間は平等では有り得ない。他人を恨んでも仕方がない◆だが誰の生涯であっても結局は、与えられた環境で、どれだけ力を尽くしたかが人生の成否を決める。安易に「差別」など口にせず、最後の最後まで戦う姿に誇り高さを感じる◆「胸を張れ、外に出て戦え。中傷や差別に負けるわけにはいかない」。県民に、日本人としての誇りを訴え続けている池間氏のメッセージである。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域で12日、…
  2.  宮古、八重山の5市町でつくる美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会の中山義隆会長(石垣市長)ら…
  3.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採され、周辺で進められている陸上自衛隊配備工…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…
  5.  玉城デニー知事は9日、国の新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の対象に石垣市を追加した。市内…

ページ上部へ戻る