【金波銀波】沖縄の5市はなぜ県民投票を拒んでいるのか…

 「沖縄の5市はなぜ県民投票を拒んでいるのか。本土にいると分からないので教えてほしい」。一般の人から本紙に問い合わせの電話があった。あなたの新聞なら教えてくれるのではないか、と話す◆県民投票を拒否する理由は一つではない。普天間飛行場の危険除去と辺野古埋め立てを切り離した異様な設問、県議会での条例の強行採決、条例制定過程に瑕疵(かし)がある疑いなど、枚挙にいとまがない◆だが報道されるのは「安倍政権と近い5市が強権的に市民の投票権を奪っている」という話がほとんど。ストーリーとしては面白いが、正確な事実検証を経た話なのか疑問だ。県民投票への不参加を「指南」したと伝えられた宮崎政久衆院議員をめぐる報道も針小棒大の感は否めず、結局、一般の人たちは情報不足に陥る◆県民投票不参加を表明した石垣市では、自民党の旗開きで「報道が片方だけの意見を取り上げている」「こういう報道をしながら、先の悲惨な大戦に入ったのではないかと危機感をおぼえる」などとメディア批判が火を噴いた◆テレビや新聞で「投票権を奪われる」と叫ぶ市民の声だけをいくら聞いたり読んだりしても、問題の本質は理解できない。「なぜなんですか」。電話口の向こうの困惑した声が、今も耳に残る。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る