「我慢の限度超えている」 知事、在沖米軍トップに

玉城デニー知事(右)を表敬したエリック・スミス中将(左)=23日、県庁

 玉城デニー知事は23日、在沖米軍トップの四軍調整官を兼任する米海兵隊第三海兵遠征軍司令官のエリック・スミス中将と県庁で初めて面会した。国土面積の約0・6%の沖縄に約70・3%の在日米軍専用施設が集中し、米軍関連の事故が相次ぐ現状に触れ、嘉手納飛行場でのパラシュート降下訓練を中止することも要求。「多くの県民は我慢の限度を超えている」と伝えた。スミス氏は「できる限り安全面に配慮する」と述べた。
 玉城氏は、2017年12月に発生した米軍普天間飛行場(宜野湾市)に隣接する小学校に米軍ヘリコプターの窓が落下した事故を挙げ、「普天間飛行場の閉鎖・返還や(移設先の)辺野古の新基地を断念せよという思いも、この島で平和を求めていきたいという形として表に出ているものだ」と話した。
 スミス氏は「この島の米軍関係者の責任を負う覚悟だ。率直な意見に感謝する」と応じた。「沖縄を含めた日本の安全保障に対して常に準備している。航空機の運用でも沖縄にいる全ての人の安全面に最大限配慮したい」とも述べた。
 スミス氏は昨年8月に在日米海兵隊(司令部・沖縄)を統括する第3海兵遠征軍司令官に就任した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では12日…
  2.  八重山で新型コロナウイルス感染者が初確認されて13日で1年となることを受け、八重山日報社は石垣市の…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…

話題をチェック!

  1.  県が昨年夏に行った辺野古埋立て承認の撤回を、石井啓一国土交通大臣が5日取り消した裁決に対して、県は…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年4月« 3月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る