県民投票、全市町村実施へ 与野党が条例改正で合意 「どちらでもない」加え3択

休憩後、自民案を説明する島袋氏(中央)。この後、再び休憩した=24日、県議会

 「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票をめぐり、県議会(新里米吉議長)は24日、与野党の代表者会議を開き、設問の選択肢を賛否だけの2択から「どちらでもない」を加えて3択に増やす案で合意した。29日の臨時会で、県民投票条例案が全会一致で改正される。これを受け、県民投票を拒否してきた5市は方針転換する見通しで、全市町村での実施が実現する方向になった。
 玉城デニー知事は、全県での県民投票実施が濃厚になったことを受け、新里議長に電話し「良かった」と述べた。新里氏が記者団に明らかにした。

 自民党会派は当初、新里議長が提案した3択案に難色を示していたが、協議の結果、同日夜に受け入れを決めた。自民党県連の照屋守之会長は記者団に「県民投票を何とか実現してほしいという県民の強い思いをかんがみた時、我々も立場を超えて、県民投票に向かい合わなければいけないと思って決断に至った」と説明。ただ5市の投開票日については「2月24日は間に合わない」との見方を示し、延期を求めた。
 新里議長の3択案は、辺野古埋め立てに「賛成」「反対」「どちらでもない」。与野党の代表者会議では当初、自民以外の各党が、新里議長が提示した3択案に賛成した。自民は事前の説明や協議がなかったとして、新里議長らの対応を批判した。
 新里議長は「3択になった場合、5市の市長らが実施に前向きになる」との見通しを示し、県議会の全会一致での議決を求めた。
 自民の島袋大氏は、2択で可決した36市町村の了解が必要ではないかと問い、謝花喜一郎副知事は、既に予算が可決している市町村も3択案に賛成するとの見方を示した。また、知事から選択肢変更について通達を出す考えも示した。
 このあと、会議は休憩に入り、自民は所属県議を集めて対応を協議。再開後、新たな3択案を提示した。自民の3択案は「普天間飛行場移設のための辺野古埋め立ては、やむを得ない」「普天間飛行場移設のための辺野古埋め立ては反対」「どちらとも言えない」。辺野古移設について「苦渋の選択で容認した経緯がある」として、設問に埋め立てが普天間飛行場の移設のためであることを明記した。しかし与党側は受け入れず、最終的に自民が妥協した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では14日…
  4.  県は14日、八重山で新たに17人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。新規感染者は石垣市で1…
  5.  石垣市は14日、今年4月1日で認可保育園やこども園などの待機児童ゼロを達成した、と発表した。保育の…

ページ上部へ戻る