横浜F・マリノスとFC琉球がテストマッチ 地元サッカーファンやサポーターら観戦

ゴールを決めた三好康児選手のシュート=26日、サッカーパークあかんま

 石垣島で春季1次キャンプ中のサッカーJ1横浜・Fマリノスは26日午後、サッカーパークあかんまで今季J2に昇格するFC琉球と練習試合を行った。強風の中、地元サッカーファンやサポーターらが観戦した。
 試合は45分×3セット形式で行われ、マルコス・ジュ二オール、三好康児、山谷侑士が得点を決め、3―0と、マリノスが強さを見せつけた。
 今季FC琉球からマリノスに移籍したGKの朴一圭選手は「今はJ1の練習についていくのがやっとだし、自分の力をアピールしなければいけないので楽しむ余裕はなかった。自分はチャンスをもらえているので、しっかりと結果を残せるように頑張っていく」と強調した。
 FC琉球のMFの小松駿太選手は「力の差は感じた。天皇杯でJ1に勝つことが目標なので、個々のレベルを上げ、カウンターや戦略などを詰めてシーズンに挑みたい」と意気込んだ。
 結果は次の通り。
 ▽横浜F・マリノス3(1―0・1―0・1―0)0FC琉球
 ▽得点=マルコス・ジュ二オール(マ)、三好康児(マ)、山谷侑士(マ)

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る