3頭が最優秀犬 沖縄市でドッグショー

ハンドラーの中嶋威勇治さんと優勝したゴールデン・レトリーバー=27日、沖縄市

 一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)は26、27日、犬の品評会であるドッグショーを沖縄市民研修センター広場で開催した。両日行った3大会で、3頭がそれぞれベストインショー(最優秀犬)を受賞した。
 各犬種の理想像により近い形であることが評価基準。エントリーする犬は犬種によってグループに分類され、グループごとに最も優秀な犬を1頭選出。グループから選出された犬の中から、さらに雄、雌それぞれ優秀な1頭がキング、クイーンの称号を得られる。キング・クイーンのいずれかがベストインショーとなる。
 沖縄県クラブ連合会展でベストインショーを受賞したハンドラーの中嶋威勇治さんは「この犬は米国でも評価されており、日本には来たばかり。今回が初めての大会。賞をいただけて大変光栄に思います」と語った。
 ベストインショーを受賞した犬は以下の通り。
 【島尻愛犬クラブ展】(42犬種、157頭参加)TRESURE BULL JP RIN=ブルドッグ(雄)、出陳者=赤峰健二(大分県)
 【中頭愛犬クラブ展】(40犬種、153頭参加)CH・ARTSELECTION JP TRINITY RING=ドーベルマン(雄)、出陳者=須藤恵理子(北海道)
 【沖縄県クラブ連合会展】(43犬種、154頭参加)AM・G・CH・GOLDEN TRIP MAXIMUG DEXTER=ゴールデン・レトリーバー(雄)、出陳者=寺元由基子(東京都)

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る