「宜野湾市民忘れないで」 普天間返還訴え孤軍奮闘

 移設のメリットをアピールするチラシは先月、2万枚を作成し、支援者の協力を得て宜野湾市や那覇市で各戸配布した。
 もともと県民投票そのものに反対。「今年の衆院補選、参院選、全国の統一地方選をにらみ、沖縄から基地反対を発信して勢いをつけようという政治的な動き。いい加減にしろと言いたい」。辺野古移設を政争の具に利用する基地反対派に憤りを隠さない。
 「宜野湾には10万人近くの市民がいる。宜野湾市だけでも県民投票に反対すべきだった。自民党県連も理論武装ができていない」。自主投票を決め、沈黙を続ける自民党の対応にも疑問を呈する。
 県民投票に向け、反対派の動きだけが活発な現状に「県民は『埋め立て反対』を刷り込まれてしまっている」と危惧。埋め立て反対多数の結果を予測する。「私は投票には行かない。棄権した方がいい」と言い切る。だが、投票に行く人のために、望みを捨てず活動を続ける。投開票日が近づく中、新たなチラシの作成も検討している。

固定ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では14日…
  4.  県は14日、八重山で新たに17人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。新規感染者は石垣市で1…
  5.  石垣市は14日、今年4月1日で認可保育園やこども園などの待機児童ゼロを達成した、と発表した。保育の…

ページ上部へ戻る