特産品開発で連携へ 小泉経済大使が橋渡し 石垣市―小野町

「特産品交流による地域づくり協定」を締結後、握手する中山市長(左)と大和田町長=22日午後、市商工会館

 石垣市は22日、福島県小野町と特産品開発や六次産業化で連携することを盛り込んだ「特産品交流による地域づくり(産官学)協定」の締結式を市商工会館で開き、両市町の行政や産業関係者らが参加した。市の経済大使(ゆばなうれ大使)で東京農大名誉教授の小泉武夫氏が同町出身で、協定締結を橋渡しした。両市町は今後、小泉氏の助言を受けながら、それぞれの資源を生かした地域振興の取り組みを共同で進める。

 石垣市の県立八重山農林高校と小野町の県立小野高校は、小泉氏の紹介で2016年に友好協定を締結した。小野町の生徒が八重農のイベント「八重農市」に参加して自校の製品を販売するなど、一定の交流実績を残してきた。
 協定締結式で大和田昭町長は「学校間の交流を発展し、産官学の連携に拡大させた」と協定締結の経緯を紹介。中山義隆市長は「連携を通した特産品開発の促進を期待している」とあいさつした。
 小泉氏は「東アジアに浮かぶエメラルドグリーンの石垣島が、東北の清流が流れる小野町と一体になった。夢と希望が持てる素晴らしいことだ」と述べた。
 八重農郷土芸能部が祝いの演舞を披露した。
 協定書では、両高校や両市町で事業を行う民間事業者などの産官学の交流、連携に参画し、活動の支援に努めることを申し合わせた。
 今後、小野町の素材を使って石垣市の業者が商品開発したり、その逆の連携パターンなどが想定されている。共同で特産品の開発・販売に取り組む可能性もある。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、中国海警局の船が石垣市の尖閣諸島周辺で領海侵入や日本漁船への接…
  2.  石垣市議会(平良秀之議長)3月定例会の本会議が1日開かれ、陸上自衛隊駐屯地の水道施設整備に向けた基…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…

話題をチェック!

  1.  沖縄に生息する希少な野生動植物の密漁・密輸防止に向け、環境省沖縄奄美自然環境事務所と㈱NTTドコモ…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る