知事「大切な一票投じて」 国民全体に発信と強調

キャラバン参加者と県民投票への参加を訴える玉城氏(中央)。キャラバンでは、歌手や音楽グループのライブ、県民投票を呼びかけるお笑いライブも行われた=23日、県庁前パレット広場

 玉城デニー知事は23日、県庁前で「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票への参加を県民に呼び掛ける「県民投票キャラバン」に参加した。「県民が自分の考えを投票できるのは大変意味がある。貴重な機会を生かし、大切な一票を投じてほしい」と促した。
 報道陣の取材に「米軍基地建設のための埋め立てについて、賛成か反対かをシングルイシューで県民の意思を問う県民投票だ」と改めて強調。「日本国民全体に、投票の意味や結果について考えてほしい」と訴えた。
 県民投票が辺野古沿岸埋め立て承認の再撤回の根拠になるかとの問いには答えを避けた。
 「安全保障は日本国民全体で考えるべきだと言い続けてきた。県民投票もそのことを含めて受け止めていただければ」と期待した。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では16日、…
  2. 尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海を警備する石垣海上保安部(増田克樹保安部長)への感謝訪問として…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日、…
ページ上部へ戻る