海自掃海艇に家族連れ 「ししじま」一般公開

家族連れなどでにぎわった掃海艇「ししじま」の一般公開=24日午後、石垣港

 海上自衛隊の掃海艇「ししじま」の一般公開が23、24の両日、石垣港第1号岸壁で行われ、家族連れなど多数の市民が訪れた。
 掃海艇が石垣島で一般公開されるのは昨年2月以来。23日は251人、24日もほぼ同数が見学した。海自沖縄基地隊第46司令の井戸康裕2等海佐は「掃海艇は災害派遣などの任務も担う。一般公開を通して役割を理解してほしい」と期待した。
 24日は天皇陛下ご在位30周年式典の日でもあり、万国旗を艦上に掲げる「満艦飾」も行われた。
 掃海艇は沿岸の海上警備に従事し、港湾や頃に敷設された機雷排除などに当たる。比較的水深が浅い港にも入れるため、災害時の物資輸送や避難でも活躍する。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る