佐喜真氏「米軍跡地活用を」 玉城氏「辺野古、断固阻止」 知事選討論会

討論会に参加した佐喜真氏(左)と玉城氏=11日夜、県自治会館

 30日投開票の知事選に立候補する前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民・公明・維新・希望推薦=と自由党衆院議員の玉城デニー氏(58)は11日、那覇市内で県政記者クラブが主催する討論会に参加した。佐喜真氏は嘉手納以南の米軍施設の跡地は「宝だ」と述べ、国際医療関係施設や国連関係機関の誘致などの跡地利用計画を進める考えを示した。玉城氏は米軍普天間飛行場の辺野古移設について「辺野古新基地建設は、県民の民意を得ずに進められている」と阻止を訴えた。

 佐喜真氏は「世界一危険な飛行場を一刻も早く返還することが何よりも重要だ。普天間の固定化はあってはならない」と述べた。県民の暮らしが最優先だとして、県民所得の引き上げや、離島航空運賃の値下げなどの政策を挙げ「予算獲得に向け(国と)交渉する」とも語った。
 玉城氏は、辺野古移設について「知事の力は大きい。あらゆる手段を行使し、阻止に向け断固たる対応をする」と述べ、移設の是非を明らかにしないことには「賛成なのか反対なのか、有権者に示す責任がある」と追及。沖縄の自立型経済の構築に向け、補助金頼みの脱却などを主張した。
 日米地位協定に関しては、両氏とも改定の必要があるとした。
 クロストークで玉城氏は佐喜真氏に対し、事故発生時に普天間飛行場や米軍機の運用停止を求める努力をしたのかと質問。佐喜真氏は「翁長雄志知事と一緒になって要請した」と反論した。
 佐喜真氏は玉城氏に対し、浦添市沖への那覇軍港移転を推進するか質問。玉城氏は「賛成・反対も、今の段階でどっちかは申し上げない。協議に加わって、その中で判断する」と答えた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る