リーグ戦へ体作り 大東文化大、石垣島キャンプ

14日まで石垣島キャンプを実施している大東文化大学硬式野球部の学生ら=5日午前、市中央運動公園野球場

 都内や埼玉県にキャンパスを持つ大東文化大学(門脇廣文学長)の硬式野球部が14日まで、石垣市中央運動公園野球場でキャンプを行っている。現在、約140人の学生が所属する同野球部は監物靖浩監督(50)が就任した17年前から石垣島キャンプを実施。今年は前半組(選手47人)が2月24日から7日まで、後半組(選手43人)が3日から14日まで、温暖な気候を利用し、1カ月後の春のリーグ戦に向けた体作りを行う。
 八重山高校野球部出身で、同大法学部1年の花城悠真君(19)もキャンプに参加。「高校と違い、大学では自分で課題を見つけていく必要がある。同じ1年生でもすぐに上のチームに上がった人もいて、負けたくない気持ちで努力している。ストライクゾーンが高校より狭くなり、身体も細いので、この一年間はコントロールを磨いてきた」と振り返る。「高校時代、監督や仲間、近所のおばさんたちに支えてもらった。これから頑張って恩返ししたい」と話した。

 社会人野球時代の〝ランニングキャンプ〟以来、石垣島との縁を持つ監物監督は、「温暖な気候は体作りには非常に効率がいいのはもちろん、石垣島の方々の人柄の良さ、その魅力を学生たちに触れさせたい」と述べ、「学生主体でやらせている。遠回りや失敗が許されるからこそ、自分で悩み、考える経験をしてほしい。野球を通じて人間力を付けさせたい」と強調した。
 今後について、「首都大学野球リーグで1部と2部を行ったり来たりしているが、今は2部。春で優勝し、入替戦を経て、秋には1部リーグで戦う」と意気込みを語った。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る