アーチェリー普及に一役 日体大合宿に合わせ体験 石垣島

アーチェリーを体験する参加者(左)=7日、サッカーパークあかんま

 日本体育大学アーチェリー部の石垣島合宿に合わせ、アーチェリー体験教室が7日、サッカーパークあかんま屋内練習場で開催された。訪れた市民がアーチェリーの弦(つる)の引き方や、的を射るこつなどを習った。
 アーチェリーの普及に一役買おうと、八重山アーチェリー協会が合宿中に毎年開催しており、講師は日体大の学生らが務めている。
 参加者は学生に手伝ってもらいながら、初めて矢を放った。中心に矢が刺さって、びっくりする姿もあった。
 前日からサッカーパークあかんま入りした日体大アーチェリー部は練習を始動させており、小雨がぱらつく悪条件ながらも、元気よく声を掛け合って、技を磨いていた。
 一斉に矢を射て、時間が来ると放った矢を拾いに的(まと)へ走り、また元気よく矢を放つ場所に帰って、合図とともに矢を射る。60人以上が組織的に動くことで、安全に、集中して練習することが可能となる。
 10日には、恒例の石垣市長杯アーチェリー石垣島大会と嘉数カップアーチェリー大会が開催予定で、島の内外から多くのアーチェリー愛好家や競技者が参加して、盛大な大会となりそうだ。
 今年は日体大以外にもサッカーパークあかんまの施設で大阪府立大学のアーチェリークラブも合宿した。2月から3月にかけての寒冷期、八重山で練習を希望するアーチェリー関係団体が増えつつある。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日、…
  2. 竹富町は22日、西表島を除く各島で、新型コロナウイルスワクチンの住民一斉接種を行うことが決まった、と…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日…
ページ上部へ戻る