きょう震災から8年 3.11石垣でチャリティーライブ

東日本大震災チャリティーライブを楽しむ観客ら=10日午後、JAZZ BARすけあくろ

 東日本大震災の発生から11日で8年となることを受け、石垣島在住のアマチュア・ミュージシャンらが被災地の復興を願って行っている「ぼくらに今できること!東日本大震災チャリティーライブ」(同実行委員会)が10日午後、石垣市内のジャズバーで開催された。収益金は「MY LIFE IS MY MESSAGE」(福島県相馬市応援プロジェクト)に寄付される。
 今年は地元を始め、札幌市や関東地方で活動するミュージシャンも含めた17組が出演し、フォークやロック、ポップス、民謡などで観客を楽しませた。

 「BLACK RAIN」のボーカル・上間康弘実行委員代表は「僕たちは音楽で何かやるしかない。風化させないことを第一として、最低10年と思い毎年開催してきた。来年まではこの体制でやり、再来年からも何かしらの形で継続していきたい」と意気込んだ。
 同ライブは11年3月27日に初めて開かれ、今年で9年目。8回目までの収益金は総額132万251円で、石垣市や復興支援団体に寄付されている。
 警察庁によると、3月8日時点で、東日本大震災による死者は1万5897人に上り、行方不明者は2533人となっている。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る