中川新会長「基地避けて通れず」 衆院補選、参院選勝利誓う 自民県連大会

関係者らはガンバロー三唱で選挙戦の勝利に力を込めた=23日、パシフィックホテル沖縄

 自民党沖縄県支部連合会は23日、那覇市内のホテルで党大会を開催し、新会長に県議の中川京貴氏を選出した。中川氏はあいさつで、敗北した知事選などを総括し「基地問題は避けては通れない」と指摘。その上で、普天間飛行場(宜野湾市)の危険性除去、返還後の跡地利用を辺野古移設問題の原点に挙げ「基地の整理縮小は県民の総意。責任政党として、基地問題に全力で取り組む」と表明。衆院3区補選、参院選の勝利を誓った。

 「教育と人材育成が最大の沖縄の振興策だ」とも述べ、人材投資にも意欲を示した。
 情勢報告を行った島袋大幹事長は、知事選の敗北について「翁長(雄志)知事の死去で混迷を深め、選挙戦略の見直しなど、情勢が見通せない状況になった」と分析。「これまでの選挙への対応や政治姿勢では、県民の理解を得ることは難しい」とした。
 公明党の金城勉代表、下地敏彦宮古島市長、沖縄県商工会連合会・沖縄県商工政治連盟の米須義明会長が激励の言葉を述べた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る