八商工7‐0で快勝 八重農は延長15回で惜敗 高校野球春季大会

4校連合戦で力投を見せた八重山商工の西平投手=24日、北谷公園野球場

 第66回沖縄県高等学校野球春季大会3日目は24日、北谷公園野球場などで1回戦9試合が行われた。八重山勢は八重山商工が開邦・南部農林・辺土名・真和志の4校連合と、八重山農林が球陽と対戦し、八商工が2回戦進出を決めた。
 八商工は初回、相手のバッテリーミスで先制すると2回と6回にタイムリー。7回に追加点で4校連合を封殺し、7対0のコールドで快勝した。2回戦は西原と対戦する。
 球陽と対戦した八重農は3回に3点を先制するも8回に追いつかれると、双方ゆずらず延長15回の熱戦を見せた。タイブレークの延長15回表、八重農は球陽に2点リードを許すと、その裏に1点を返す粘りを見せるも追撃及ばず、5対4で惜敗した。

◇県高校野球春季大会24日の試合結果

 沖 尚 7―1 沖カト
 本 部 1―7 北 山
 向 陽 0―7 糸 満
 久米島 5―6 昭薬付
 開南辺真 0―7 八商工
 豊見城南 12―4 北部農
 南部工 0―3 コ ザ
 球 陽 5―4 八重山農
 那覇工 4―3 北中城

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では20日…
  2.  南の島石垣空港と市街地を結ぶアクセス道路・県道石垣空港線の整備工事は2023年の全面供用開始に向け…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…
ページ上部へ戻る