宮古、奄美に陸自配備 中国念頭、南西防衛を強化

宮古島駐屯地の部隊編成完結式が開かれた=宮古島市(宮古新報提供)

 防衛省は26日、宮古島と鹿児島県・奄美大島に新たに陸上自衛隊の駐屯地を開設した。奄美大島に警備部隊と地対空・地対艦ミサイル部隊を、宮古島には警備部隊を配備した。海洋進出を強める中国を念頭に置いた南西諸島防衛強化の一環。岩屋毅防衛相は同日、記者会見で「日本の守りの最前線は南西地域。防衛力、抑止力を構築し、災害時にも迅速に対処できる」と述べた。
 防衛省は奄美大島北部に奄美駐屯地、南部に瀬戸内分屯地を設け、計約550人を配置。宮古島には約380人態勢の警備部隊を先行配備した。2020年以降にミサイル部隊も置き、計700~800人態勢にする。石垣島でも計500~600人規模のミサイル部隊と警備部隊の配備に向け工事に着手している。
 鹿児島県から日本最西端の与那国島まで千㌔以上に及ぶ南西諸島では、陸自部隊の配備は、沖縄本島と2016年に沿岸監視隊(約160人態勢)が発足した与那国島にとどまり、防衛力整備の「空白」と指摘されていた。
 宮古島市にある駐屯地で開かれた部隊編成完結式で訓示した陸上自衛隊第15旅団長の原田智総陸将補は「宮古列島の防衛は極めて重要。わが国の安全保障に死活的な任務を担うこととなる」と隊員を激励した。宮古島市の下地敏彦市長らも出席した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では14日…
  4.  県は14日、八重山で新たに17人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。新規感染者は石垣市で1…
  5.  石垣市は14日、今年4月1日で認可保育園やこども園などの待機児童ゼロを達成した、と発表した。保育の…

ページ上部へ戻る