【金波銀波】人事とはしょせんパワーゲームなのか。

 人事とはしょせんパワーゲームなのか。安慶田光男前副知事が在職中の昨年、県病院事業局の伊江朝次局長や県教育委員会の諸見里明前教育長に辞職を強要していたことが判明した◆2人とも前県政時代に任命されており、安慶田氏は、自らの息のかかった人物に差し替えたかったのだろうか。諸見里氏は実際に辞職し、伊江氏も今年1月、「安慶田氏との約束」で辞表を提出した◆新しい首長が誕生した場合、幹部が一新されるのは珍しいことではない。法律で身分が保障されている病院事業局長や教育長についても「意思確認」程度なら有り得る◆ただ翁長雄志知事は、伊江氏について「継続すべきとずっと話していた」と議会で答弁。辞職強要をめぐるやり取りも「初めて聞いた」と述べた。それが事実なら安慶田氏は、知事の意に反し、独断で「人事」を強行していたことになり、県政の人事のあり方が問われる◆伊江氏は八重山病院院長として医師確保に奔走するなど、離島医療に精通。医師会や現場の職員からも続投を望む声が寄せられたという。新八重山病院が着工したばかりの時期に局長が交代すれば、事業に何らかの支障が出た可能性も否定できない。「八重山出身」を自称する安慶田氏は、そこまで思い至らなかったのだろうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では2日、中…
  2.  石垣市の尖閣諸島に、鹿児島県から出漁する漁師がいる。同県喜入町漁協所属の「第八みつ丸」船長、宮崎卓…
  3.  石垣市の尖閣諸島周辺海域で中国海警局船が領海侵入や日本漁船への接近を繰り返している問題を巡り、2日…

話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る