「もうリゾートはいらない」 新たなホテルに反対 竹富島を守る会

「住民の意思を無視した開発はやめて」頑張ろう三唱で力強くアピールした=29日夜、まちなみ館

  ㈱RJエステート(一丸秀信代表取締役)=那覇市=が竹富島コンドイビーチ付近で計画している「(仮称)コンドイビーチホテル」の建設に反対する「住民総決起集会」が29日夜、竹富島まちなみ館で開催された。同計画への反対をアピールする「ならぬ」Tシャツを着た地域住民や観光客ら約80人が「これ以上のリゾートはいらない」と意思を明確にした。

 「竹富島を守る会」(阿佐伊拓会長)が主催した。集会では阿佐伊会長が2014年に同計画が表面化して以降の経緯を説明し、水野景敬委員が計画予定図面の解説をした。今後の反対運動の進め方については、あくまで対話を求める姿勢は崩さず、意見表明板の増設、希少動植物の生態系調査、水質検査、関係者や宿泊者に対する島内他施設の入店拒否、訴訟などを示した。また、建設強行の場合は人間の鎖や座り込みで意思表示するとした。
 会場からは「浄化槽が海に近すぎる。浸透水による海浜汚染が心配」「小さな竹富島に天然記念物の生き物がたくさんいる。この調査をしないまま開発を許していいのか」など、不安や憤りの声が次々にあがった。最後は宣言文「竹富島の絆」を青年代表の内盛正基さんが力強く読み上げ、頑張ろう三唱で「建設反対」を全員でアピールした。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日、…
  2. 竹富町は22日、西表島を除く各島で、新型コロナウイルスワクチンの住民一斉接種を行うことが決まった、と…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日…
ページ上部へ戻る