新年度に飛躍誓う 石垣市、課題に力発揮を

年度始め式に当たって職員に訓示する中山市長=1日午前、市役所

 石垣市の年度始め式で中山義隆市長は「31年間続いてきた平成から新たな元号となる。新年度は大きな節目の年になる。元号改正に伴い、市民サービス、行政サービスに支障が出ないようしっかり対応してほしい」と求めた。
 年度始め式に先立ち、人事異動の辞令交付が行なわれたことを踏まえ「新たなスタッフ体制で、多様化する行政課題に向けて大いに力を発揮してほしい」と激励。
 国の沖縄振興特定事業推進費、観光防災力強化市町村支援事業を有効に活用し「防災力をさらに高める施策を積極的に展開していく」と強調した。
 その上で「単に前例を踏襲するのではなく、勇気を持って見直し、円滑的確な対応をしてほしい。市民の期待に応えるため、市民目線で、スピード感を持って職員一丸となり、力を発揮してほしい」と指示した。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では16日、…
  2. 尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海を警備する石垣海上保安部(増田克樹保安部長)への感謝訪問として…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日、…
ページ上部へ戻る