真喜良、2連覇で全国へ 6対1で鏡原を下す 『ノーサイン』野球奏功 JTA旗先島地区学童軟式野球大会

大会2連覇を果たした真吉良サンウェーブの皆さん=1日、石垣市中央運動公園野球場

 3月30日から開幕していた第23回JTA旗先島地区学童軟式野球交流大会(沖縄県野球連盟主催)の決勝戦が1日、石垣市中央運動公園野球場で行われ、真吉良サンウェーブが6対1で鏡原少年野球を下し、大会2連覇を果たした。真喜良は県代表として、夏に徳島県で開催される「阿波おどりカップ全国学童軟式野球大会2019」へ派遣される。

 真喜良の高良真助(まこと)監督(39)は「4期連続での決勝進出と、日頃の練習が間違っていなかったことがうれしい」と優勝を喜んだ。その上で、「守備力を発揮できて勝てたが、夏の大会はそれだけではダメ。今後は打撃力もつけていく」と強調した。
 また、練習での蓄積で選手が自分で判断するよう『ノーサイン』を基本としており、「自分の頭で考えるという意味も含め『脳サイン』という意味もかけている」と笑顔で語った。
 主将の田渕尊(たける)投手(11)は「出塁が多かったが、守備に助けられ1点に抑えられた」とメンバーに感謝し、「チーム全体の緊張をほぐせるような主将でありたい」と決意を語った。
 準優勝だった鏡原の前川良監督(35)は「気持ちの面などで、だいぶ成長できた大会だった。真喜良には総合的に敵わない部分が大きかったが、今回戦えたことが良い経験になったと思う」と振り返った。
 試合結果は次の通り。
 【決勝戦】
 鏡原少年野球
 0001000|1
 312000✕|6
 真吉良サンウェーブ
 (鏡)新城、濵川―花城
 (真)田渕―伊良部
 ▽三塁打=内間(鏡)
 ▽二塁打=高橋、石田(以上、真)

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る