「自公政権で政策前へ」 島尻氏が与勝総決起大会

聴衆とのガンバロー三唱時の様子。島尻氏(中央)は、貧困対策や鉄軌道、海上交通にも言及し、前に進めると公約した=3日、うるま市商工会館

 4月21日に投開票される衆院3区補選に立候補する元沖縄担当相の島尻安伊子氏(54)=自民公認、公明推薦=は3日、うるま市商工会館で与勝総決起大会を開催した。島尻氏は地元企業の激励会に参加後、会場に到着。沖縄の貧困対策や本島中北部の振興策の重要性を訴え「勝たせてもらい、喜んでもらえる政策を実現したい。自公政権の中で政策を前に進めたい」と訴えた。
 八重山や宮古などの離島の発展は国の施策の結果だとした上で、期限切れが迫る沖縄振興特別措置法について「次の目玉がない。知事は気持ちがあると思うが表に出ない」と指摘。発展する離島の勢いを「この中部に持ってきたい」と力を込めた。
 クルーズ船の寄港を中城湾港に実現させ、観光客が出入りする導線を作り、本島中部を中心に沖縄が発展する時代が来ると強調。渋滞対策として高速の新インター建設や、既存インター出入り口周辺の道路拡張などの公約を掲げた。米軍基地内で工事を行う例もあるため「防衛省や外務省と調整を密にやらないといけない。やらせてほしい」と呼び掛けた。
 公明党沖縄県本部の金城勉代表は「自民公明の連立政権の中に島尻さんを届けよう」と述べ、島尻氏は安倍政権に必要な人材だと強調した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市で、ゴールデンウィーク(GW)の人の往来に由来する新型コロナウイルス感染拡大が止まらない状況に…
  2. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では13日、…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域で12日、…
  4.  宮古、八重山の5市町でつくる美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会の中山義隆会長(石垣市長)ら…
  5.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採され、周辺で進められている陸上自衛隊配備工…

ページ上部へ戻る