【金波銀波】米軍普天間飛行場の…

 米軍普天間飛行場の辺野古移設問題で、国土交通省は県の埋め立て承認撤回を取り消した。玉城デニー知事は「結論ありきだ。私はぶれることなく、辺野古の埋め立てに反対するとの民意に沿い、全身全霊をもって県民の強い思いに応える」と、提訴も含め徹底抗戦の構えだ◆県が埋め立て承認を撤回した理由の一つに、辺野古沿岸の軟弱地盤の存在がある。県は、改良工事は困難で長期化は必至だとして、辺野古移設がかえって普天間の固定化につながると訴える◆これに対し自民党県連は、羽田国際空港の滑走路延長工事など、過去の地盤改良工事の例を挙げ「日本の技術力は高い。県の情報提供の不足が、県民を不安に陥れている」と批判を強める◆県はそもそも「基地の県内移設では負担軽減にならない」と主張してきたはずだが、最近では軟弱地盤の存在と工事長期化の可能性に焦点をシフトさせてきたようだ。反対の理由があれば何でも飛びつく安易さが、問題の本質をぼかしてしまっているように思えてならない◆宜野湾市民の安全、周辺諸国の脅威に対処するための抑止力維持、基地の整理縮小。県が第一に論じるべきはそれだ。軟弱地盤の話などに熱くならず、土木建築の専門家にでも、じっくり議論してもらってはどうだろう。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る