放置パレット 港に山積み 景観に影響、解決策模索へ 竹富町

 このうち、荷物を受け取った荷主が責任者となる場合は、荷物とパレットを同時に引き取ったケース。逆に、配送する荷送人が責任者となる場合は、荷主が荷物だけを受け取るケースとしている。
 ■放置パレット火災
 「廃棄物処理法は遵守されるようになったが、現状はそのひずみだ」と現状を語るのは大盛聡まちづくり課長。19年度に関係5者による対策協議会を設置する考えだ。
 5者とは竹富町、沖縄県、船会社、JA、八重山警察署のメンバー。同協議会の目的としては放置パレットの責任者を明確にし、処理方法を定めるもの。
 18年度には竹富島の放置パレット置き場で火災が発生した。竹富町はこの火災を受け、外部機関から「一概に所有者が責任者となりえない場合もある」など、現状の改善を求められた。
 大盛課長は「警察も含めて対策を協議したい。解決策の糸口を探していく」と話している。

固定ページ:
1

2

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日、…
  2. 竹富町は22日、西表島を除く各島で、新型コロナウイルスワクチンの住民一斉接種を行うことが決まった、と…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日…
ページ上部へ戻る