屋良、島尻氏の一騎打ち 基地、沖縄振興など争点 衆院3区補選

衆院沖縄3区補選が告示され、沖縄市で第一声を上げる屋良朝博氏(右)、島尻安伊子氏=9日午前

 衆院選沖縄3区補選が9日に告示された。いずれも新人でフリージャーナリストの屋良朝博氏(56)=無所属=と、元沖縄担当大臣の島尻安伊子氏(54)=自民公認、公明、維新県総支部推薦=が立候補を届け出た。米軍普天間飛行場の辺野古移設の是非、本島中北部の振興策、子どもの貧困対策などの社会保障政策が争点。補選は、玉城デニー氏が昨年の知事選に出馬し失職したことに伴い実施され、21日に投開票される。

 自由党が玉城氏の後継に擁立した屋良氏は、辺野古移設反対の野党などでつくる政治勢力「オール沖縄」が支援する。昨年9月の知事選や県民投票の余勢を駆って反対の民意を示したい考えだ。閣僚経験のある島尻氏は安倍政権とのパイプを生かした沖縄振興策や、閣僚時代から力を入れてきた子どもの貧困対策を掲げる。「自公維」の保守中道勢力結集で支持拡大を図る。
 両者とも沖縄市の中心部で出発式、出陣式を開き、選挙戦をスタートさせた。
 屋良氏は「辺野古の海は絶対に一本の指も触れさせない。沖縄からこの国の民主主義とは一体何なのか、問い掛けていこう」と訴え、辺野古移設阻止を目指す考えを強調した。
 普天間飛行場の返還について「どこを動かせば危険性を除去できるか知っている。解決策を提示していくことを約束する」と自信を示した。
 島尻氏は「普天間の危険性除去を考えたときに、建設中の辺野古にいったん移さなければいけない。苦渋の選択だ」と移設を容認。滑走路の民間使用が実現すれば「沖縄の均衡ある発展に必ずや貢献していくと信じる」と主張した。中城湾港の整備、沖縄自動車道への新インターチェンジ増設、鉄軌道の敷設などのインフラ整備の重要性も強調した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る