辺野古「暴走建設だ」 野党、移設阻止へ来県

共産党の穀田恵二氏と笑顔で握手する謝花副知事(右)。立憲民主党の辻元国対委員長(中央)らが同席した=10日、県庁

 立憲民主など野党6党派の国対委員長らは10日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に関し、那覇市で防衛省沖縄防衛局から意見聴取した。立民の辻元清美国対委員長は「ブレーキの利かない暴走建設だ」と批判。衆院沖縄3区補選に辺野古移設反対で立候補した屋良朝博氏の陣営も激励に訪れた。
 防衛局からの意見聴取では、出席者から、埋め立て予定海域にある軟弱地盤の調査や改良工事への質問が相次いだ。辻元氏は終了後の記者会見で、辺野古移設について「物理的に難しいと分かっているのに、無理に無理を重ねている」と批判した。
 辻元氏らは県庁に謝花喜一郎副知事を訪問。辺野古移設について「民意無視だけでなく、人権や自然破壊、日本社会全体への挑戦だ」と批判した。
 謝花氏は、国が県による辺野古埋立て承認の撤回を取り消したことに触れ「厳しく追及していただきたい」と訴えた。
 埋め立て海域で見つかった軟弱地盤について「新たな工法も問題点があり、具体的な金額や工期も示されてない。なぜ首相は一般的に実績が豊富な工法で安定性の確保ができると言えるのか」と疑問視した。
 キャンプ・シュワブ近隣施設が米軍機の安全のための高さ制限に抵触していることや「辺野古移設が完了しても返還条件が整わないと普天間は返還されない」と当時の防衛相が発言したことも挙げた。ジュゴンの死骸が発見された問題についても、移設工事の影響がある可能性を指摘した。
 これに先立ち、辻元氏らは辺野古沿岸部の土砂投入区域を船上から視察した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では6日、中…
  2.  八重山防衛協会(三木巖会長)などの自衛隊協力団体が主催する「2020年度 美ら島の未来を護る君の手…
  3.  今年数え年109歳の茶寿を迎えた加治工トヨさんにこのほど、竹富公民館(内盛正聖館長)は頌状と祝い金…

話題をチェック!

  1.  沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議名護(稲嶺進代表)は19日、辺野古の埋め立て用土砂の搬…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る