国際通りにスターら集う 沖縄国際映画祭 9万2千人が熱狂

今年60周年を迎えた吉本新喜劇一団=21日、那覇市国際通りてんぶす広場前

 島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭(同実行委員会主催)の最終日となる21日、那覇市国際通りでレッドカーペッドのイベントがあった。
 国内外から参加した映画関係者や吉本興業所属の芸人、自治体関係者など134組、約千人がレッドカーペットの上を歩き、沿道には9万2千人(主催者発表)が集まった。

 特別招待作品と特別上映作品からは、浅田美代子さん、奥田瑛二さん、高良健吾さん、松雪泰子さん、山本耕史さん、松本穂香さん、吉本実憂さんら、華やかな俳優陣、監督らが参加した。
 また今年60周年を迎えた、吉本新喜劇から座長の小籔千豊さん、川畑泰史さんらも華を添え、昨年デビューした吉本坂46のメンバーもいた。
 レッドカーペットは松尾交差点付近から、てんぶす那覇までの道路約150メートルに敷かれ沿道の観衆からは名前を呼んでサインを求めたり、一緒に写真を撮る姿があった。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る