屋良氏が初当選 辺野古移設反対、自民破る

バンザイ三唱で初当選を喜ぶ屋良氏(左から3人目)=21日夜、沖縄市

 衆院3区補選が21日投開票され、新人で無所属のフリージャーナリスト、屋良朝博氏(56)が新人で元沖縄担当相の島尻安伊子氏(54)=自民公認、公明、維新推薦=を破り、初当選を果たした。昨年9月の知事選に続き、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設に反対する候補が、安倍政権が支援する候補を破って勝利した。選挙結果は、同様の対決の構図になる夏の参院選にも影響を与えそうだ。
 衆院補選は前任者である玉城デニー知事の知事選出馬に伴って実施された。屋良氏は辺野古移設反対を政策の柱に掲げ、普天間の海兵隊部隊を分散移転させることで辺野古移設は不要になると主張した。玉城知事や県政与党の全面的な支援を受けた。移設に反発する無党派や、保守中道支持層の一部も取り込み、序盤から優位に選挙戦を展開した。

 経済や福祉政策では玉城県政と連携した取り組みを進める方針を示した。玉城氏が史上最多得票で当選した知事選や、辺野古移設を巡る2月の県民投票の勢いを衆院補選につなげた。
 閣僚経験者の島尻氏は、安倍政権との太いパイプを武器に、経済振興による沖縄本島の南北格差解消や、大臣時代から力を入れた子どもの貧困対策を訴えた。辺野古移設については宜野湾市民の危険除去を最優先に容認を明言したが、県民の根強い反基地感情をかわせず、劣勢を挽回できなかった。
 屋良氏は同日夜、沖縄市の選挙事務所で「辺野古移設は解決策にならない。県民の民意が強く示された」と強調した。島尻氏は同市内で「大変申し訳ない。普天間の危険除去を考えれば、一日も早い辺野古移設が現実的な解決策だと今でも思っている」と述べた。
 投票率は44.02%だった。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る