移設容認「間違いでない」 島尻氏、今後は白紙

敗戦の弁を述べる島尻氏=21日夜、選対事務所

 衆院3区補選で落選した島尻安伊子氏は「大変に多くの支持者の皆様に力添えをいただいたが、結果が出せず大変申し訳ない。応援してくれた皆様に心から感謝を申し上げたい」と頭を下げた。「一兵卒として皆さまと進ませていただきたい。今後については白紙だが、前向きに考えていきたい」と述べた。
 米軍普天間飛行場の辺野古移設について「普天間の危険性除去の必要性を考えた時に、辺野古移設が一番の現実的解決方法だと思う。普天間の全面返還そして次の段階へと進むことは考え方として変わっていない」と改めて主張。移設を容認したことは「間違いではないと思っている」と強調した。敗因については「辺野古だけの選挙ではない。今後分析していきたい」と述べるにとどめた。
 公明党県本部の金城勉代表は「有権者からは厳しい審判を浴びた」と振り返った上で、今後も自民党との連携は維持する考えを示した。日本維新の会の下地幹郎衆院議員は「政府の辺野古移設のスタンスは変わらないと思うが、民意を得て進めるなら、新たな提案や進め方の話をしていく場所が必要だ」と指摘した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る