「海しる」の運用開始 200項目以上の情報を提供 海保

 海上保安庁は17日、政府などが持つ海洋情報を集約し、地図上で重ね合わせて表示できる情報サービス「海洋状況表示システム」(愛称・海しる)の運用を開始した。
 同システムは、「海の今を知るために」様々な情報を共有・提供するサービスで、掲載されているデータは、日本周辺の海域や衛生情報を含む広域情報、気象・海象など200項目以上の情報がリアルタイムで一元的に利活用できる。また、海水浴場や潮干狩りなどの海洋レジャー、船舶の運航管理や環境保全など、利用シーンに合わせた情報がすぐに見られるテーマ別マップも掲載されている。

海上保安庁の該当ページは下記リンクから
海洋状況表示システム(愛称:海しる):https://www.msil.go.jp/

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る