辺野古「解決策でない」 屋良氏に当選証書付与 衆院3区補選

当選証書を受け取った屋良氏=24日、県庁

 衆院沖縄3区補選で当選した屋良朝博氏への当選証書付与式が24日、県庁で開かれ、県選挙管理委員会の当山尚幸委員長が当選証書を手渡した。
 屋良氏は「多くの方の付託、期待を受けて国政に行く。責任を重く受け止めている」と強調。米軍普天間飛行場の辺野古移設問題について「普天間飛行場の解決の道筋をきちんとつけていきたい。辺野古は解決策ではないという認識を、国会の中で広げたい」と意気込んだ。
 自らが表明している訪米の予定については「国務省、米軍の関係者にアプローチし、シンクタンクや関係者らと協議したい」と述べ、来月中をめどに国会日程を確認しながら調整する考えを示した。

 その上で「米海兵隊の航空計画では辺野古の記述が消え、2028年まで普天間を使用すると明記されている」と指摘。「普天間飛行場の問題に対するワシントンの受け止め方も変化しているのではないか」とし、直接、米側に確認する考えを示した。
 25日の本会議で初登庁する。

■屋良氏が国民会派入り
 衆院会派「国民民主党・無所属クラブ」は24日、衆院沖縄3区補欠選挙で当選した屋良朝博衆院議員の入会を衆院事務局に届けた。会派別勢力分野は次の通り。
 【衆院】
 自民党283▽立憲民主党・無所属フォーラム68▽国民民主党・無所属クラブ41▽公明党29▽共産党12▽日本維新の会12▽社会保障を立て直す国民会議6▽社民党・市民連合2▽希望の党2▽未来日本2▽無所属8

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る