黒糖の消費拡大アピール 竹富町長「トップセールスを」

イベントでは、長嶺氏(中央左)や西大桝氏(同右)らが出席。テープカットを行い、消費拡大をPRした=10日、サンエー那覇メインプレイス

「黒糖の日」の10日、県は黒糖の消費拡大をアピールするイベントをサンエー那覇メインプレイスで開催した。県含みつ糖対策協議会長の長嶺豊県農林水産部長は「黒糖はカルシウムやミネラルが豊富に含まれ、健康食品として注目されている」と述べ、県産黒糖のブランド力の強化に意欲を示した。
 県含みつ糖対策協議会は、5月10日を「黒糖の日」に制定して以来、毎年同日に消費拡大イベントを開催している。今年で10回目となり、9月6日(黒の日)までキャンペーンを続け、消費拡大を狙う。

 今年度は「八島の想い 沖縄黒糖をあなたの食卓に!」をテーマに、家庭料理に黒糖を取り入れてもらえるよう、レシピブックなどを無料配布。調味料としての消費増にも期待する。
 イベント会場には、販売ブースが設けられ、菓子販売店や県内各離島が出店。黒糖を使った食材やパック詰めした黒糖を販売した。
 生産地を代表して参加した竹富町の西大桝高旬町長は、農家の高齢化や人手不足を課題に挙げた上で「付加価値を付け、トップセールスで売り込みたい」と意気込みを見せた。
 前県農林水産部長の島尻勝広・県糖業振興協会理事長は、「若い人向けの商品開発も課題」と述べた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る