陸自配備予定地を空撮 ドローンで、奥間氏明かす

奥間氏がドローンで撮影した平得大俣地区の陸上自衛隊配備予定地の写真がスクリーンに映し出された=17日夜、石垣市健康福祉センター検診ホール

 17日に石垣市健康福祉センターで開かれた講演会「辺野古軟弱地盤と平得大俣~土木技術士から見た自衛隊配備~」(主催・農村のくらしを守る会)で、講師の1級土木施工管理技士・奥間政則氏が平得大俣地区の陸上自衛隊配備予定地をドローンで撮影したことを明らかにした。
 奥間氏は辺野古の埋め立て工事などをドローンで撮影している「沖縄ドローンプロジェクト」のメンバー。会場のスクリーンに上空から撮影された陸自配備予定地の写真を映しながら、「今見ている写真は自然が残っている。これが全て軍事施設になる」と述べ、「石垣でもこういった状況を撮りながら映像を残し、どう変貌していくか考察する」と警戒感を示した。
 新たに成立したドローン規制法に関しては、「テロ対策というが、防衛局は隠したいものがあり、我々の目を塞ごうとしている」と主張した。
 17日に住民が現場周辺でドローンを目撃しており、奥間氏の飛ばしたものである可能性が高い。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る