お神輿が練り歩く 那覇、なんみん祭に800人参加

波上宮を出発したお神輿=19日、那覇市久米南交差点付近

 那覇市の波上宮を中心に開催される「なんみん祭」のお神輿(みこし)行列が19日行われ、参加者が波上宮からパレットくもじ前広場まで練り歩いた。
 お神輿や獅子舞などに地元自治会や近隣小学校の児童ら35団体、800人が参加した。
 お神輿の行列は太鼓や爆竹などの大きな音を鳴らしながら「エッサ、ホイサ」の掛け声で威勢よく行進。沿道からは家族連れや観光客から声援が上がった。
 同広場では琉球舞踊や空手、エイサーなどの演舞が行われた。隣の国際通りでは旗頭も登場し、盛り上がりを見せた。
 なんみん祭は17日の波上宮例大祭にあわせた行事で3日間開催される。ちびっこ相撲や沖縄角力大会、琉球舞踊の奉納、のど自慢大会、ビーチ綱引きなど、さまざまな催し物があった。
 波上宮の渡慶次馨宮司は「3日間天気に恵まれ、たくさんの方の協力を得て安全第一に終わることができた。令和の年がますます発展するよう祈ります」とあいさつした。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る