火災で少女救出、高3表彰 玉城君「当たり前のことした」

城間幹子那覇市長(右)から表彰を受けた玉城弘次廊君=24日、那覇市役所

 埼玉県越谷市で旅行中、建物火災で取り残された少女をたまたま見つけ、自らの危険をかえりみず救出した那覇高校3年の玉城弘次廊君(17)が24日、那覇市役所で高橋努・越谷市長名の表彰状を城間幹子那覇市長から伝達された。
 玉城君は報道陣に「女の子が泣いて助けを求めていたので、自分が動いた方がいいと思った。当たり前のことをしただけと思っていたが、大きく取り上げられ、すごいことをしたんだと自覚した」と喜びを語った。将来については「人助けができる仕事を視野に入れたい」と夢をふくらませた。

 城間市長は「危険を顧みず、迅速かつ適切な救助活動で人命を救助した功績は他の模範である」と表彰状を読み上げた。「勇気ある行動で誇らしい気持ちになった。ぜひ人助けをする仕事に就いてもらいたい」と激励した。
 火災は4月30日午前に発生。休暇で近くの友人宅に遊びに来ていた玉城君は、燃えている建物の2階の窓で少女が泣きながら助けを求めているのを発見。雨どいをよじ登り、逃げ遅れた少女(16)を2階から抱きかかえて助け出した。
 玉城君が立っていた窓の下のスペースは足がやっと乗るほど。「落ちてけがしないかなと考えたが、自分が動いた方がいいと判断して行動した。自分が落ち着いていないといけないという気持ちで女の子に声をかけた」という。おびえる少女を落ち着かせ、窓から下ろすと、救助した少女の母から「ありがとう」と言われて「うれしかった」と振り返った。
 学校でも校内新聞で取り上げられたり、友人からも言われて「恥ずかしい」とはにかむ。表彰式を迎えるにあたり「天狗(てんぐ)にならないよう、高校生としての自覚で丸刈りにしてきました」と、たくましい笑みを浮かべた。
 城間市長から「市消防局に入ってください」と〝勧誘〟されると、「それで就職が決まるなら」と返し、笑いが起きた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る