過失傷害で米軍属逮捕 沖縄、衝突事故で男性死亡

 26日午前8時10分ごろ、沖縄県北谷町の国道58号の交差点で乗用車とバイクが衝突する事故があり、バイクの男性が死亡した。県警沖縄署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた米海兵隊軍属のニコラス・クリステンソン容疑者(38)を現行犯逮捕した。容疑を過失致死に切り替えて捜査している。
 署によると、死亡したのは同県浦添市安波茶1丁目、職業不詳鳥海勇夫さん(39)。クリステンソン容疑者が右折する際、対向車線を直進してきた鳥海さんのバイクと衝突。鳥海さんは弾みで投げ出され、約30メートル離れたコンビニ駐車場に止まっていたタクシーにぶつかった。病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 クリステンソン容疑者は「バイクは見えていたが、先に右折できると思っていた」と話しているという。
 また、沖縄署は26日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、米空軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)所属の兵長ジャストン・ガードナー・ジュニア容疑者(22)を現行犯逮捕した。容疑を否認している。
 逮捕容疑は、26日午前0時45分ごろ、同県沖縄市の国道330号で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る