漂着ごみでアート製作 あすからプロジェクト開始 離島ターミナル

会見後、写真撮影に応じた竹田氏(写真右)と仲程氏。仲程氏が持つ箱がアートスタンドの模型。7月からは、環境に配慮する観光についてのアイディアも募集すると発表した=28日、県庁

 西表島の自然と文化を守るプロジェクトを運営する「アス・フォー・イリオモテ」(竹田尚志代表)は28日午後、県庁で記者会見し、観光客に漂着ごみを集めてもらうプロジェクト「ヤマネコゴミゼロアート」を30日から石垣港離島ターミナルでスタートすると発表した。
 平田観光のチケットカウンター付近に、廃材などで作った畳1畳ほどのアクリル製アートスタンドを設置。観光客が島々の海岸で回収した漂着ごみを帰港時、スタンド内に入れてもらう。回収してもらうのは、約10㌢のスタンド幅よりも小さな漂着ごみ。漂着ごみがスタンドに積み上がっていくことで、アートのようになる。
 会見で、プロジェクトの責任者で石垣出身の写真家・仲程長治氏は、マイクロプラスティックによる海洋汚染などを問題視し「ツーリスト(旅人)たちの手で(ごみを)拾って、アートができないか」と期待した。
 竹田氏は、西表島の動物や自然の保護・文化継承を行う団体へのサポートに活用する基金を創設し、2年で目標金額3000万円以上を目指す考えを示した。仲程氏が制作する予定の環境保護啓発のドキュメンタリー映画(2020年秋公開予定)の費用にも活用する。
 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では14日…
  4.  県は14日、八重山で新たに17人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。新規感染者は石垣市で1…
  5.  石垣市は14日、今年4月1日で認可保育園やこども園などの待機児童ゼロを達成した、と発表した。保育の…

ページ上部へ戻る