石垣島産の果実使用して新製品 バヤリースパイン きょうから発売

中山義隆石垣市長を表敬訪問し「沖縄バヤリース石垣島パイン」をPRするアサヒオリオン飲料の石原哲也代表取締役社長=3日、石垣市役所

 アサヒオリオン飲料株式会社(石原哲也代表取締役社長)は3日、中山義隆市長を表敬訪問し、4日から新発売する同社製品「沖縄バヤリース石垣島パインPET500㍉㍑」の新製品をPRした。
 貴重な石垣島産のパインだけを使い、石垣島工場で皮ごと搾汁される。果実本来の甘酸っぱい香りや甘み、キレの良い後味が特徴。
 沖縄限定商品で、県内の量販店やコンビニ、自動販売機など160円(税別)で販売される。12月末までに1万ケース(24万本)の販売を目指す。
 試飲をした中山市長は「石垣島のパインそのまま食べた時の甘さが口の中に広がる。酸味、甘みが絶妙でいろんなシーンで活用されると思う」と期待した。
 同社によると、石垣島産のパイン果汁のみを使用した同社飲料製品は初という。年間1万ケースの販売には石垣島産パイン約7㌧が使用され、同社石原代表は「地元に貢献できる商品。地域貢献にもつなげられれば」と強調した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る