首相「いよいよ夏が来る」 6月恒例、かりゆし閣議

6月恒例の「かりゆし閣議」に臨む安倍首相(右から2人目)ら閣僚=4日午前、官邸

 安倍晋三首相と閣僚は4日、沖縄の夏の正装「かりゆしウェア」を着て閣議に臨んだ。玉城デニー知事から贈られた紺色のかりゆしを着用。官邸到着時、着心地を記者団に問われ「涼しくて気持ち良い。いよいよ夏が来ますね」と答えた。
 6月最初の閣議の際、全員でかりゆしを着る「かりゆし閣議」は第1次安倍内閣の2007年6月から開始され、今年で12年目となる。夏の軽装「クールビズ」の推進と、沖縄振興への政府の姿勢を示す狙いがある。
 閣議前の写真撮影時、首相はかりゆし姿でそろった閣僚と互いを見比べ、笑顔を見せた。
 菅義偉官房長官は閣議後の記者会見で「着心地が良く、夏を快適に過ごすのに適している。国民に沖縄の伝統が感じられるかりゆしの良さを知ってもらうきっかけにしたい」と述べた。
 宮腰沖縄担当相は、昨年11月、ユネスコの無形文化遺産に登録された宮古島の伝統行事「パーントゥ」をモチーフにしたかりゆしを着用。「(かりゆしを)20着ほど持っているが、面白いデザインが出てくることを、さらに期待したい。夏はこれに限る」とアピールした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 竹富町の西大舛髙旬町長は町議会3月定例会初日の5日、2021年度施政方針演説を行なった。基本目標の第…
  2. 琉球大学病院(西原町、大屋祐輔病院長)で5日午後、県内初となる新型コロナウイルスのワクチン接種が始ま…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では5日、中…

話題をチェック!

  1.  インドネシア原産のコショウで、八重山で特に消費が盛んなピィパーズ(和名・ヒハツモドキ)の普及活動に…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る