鈴木龍雄選手、プロバスケに 石垣初、福岡のチームと契約

石垣島出身で初のプロバスケ選手となる鈴木龍雄(ライジングゼファー福岡提供・ⓒ佐々木啓次)

 プロバスケットボール「Bリーグ」の1部リーグに所属するライジングゼファー福岡は、9日、石垣島宮良出身の鈴木龍雄選手(23)と2019―20シーズンの選手契約をしたと発表した。石垣島出身でプロバスケ選手は鈴木選手が初めて。クラブのホームぺージで鈴木選手は「来シーズン、大好きな福岡でまた皆様と戦える事に本当に感謝しています!応援してくれるブースターの皆さまに最高のプレーをお見せし、たくさんの人に笑顔とパワーを与えられるよう頑張りますので応援よろしくお願いします!」とコメントした。
 鈴木選手は大浜中学校、前原高校を卒業後、九州産業大学在学中の2018年2月28日、同チームに特別指定選手としてチームに加入し、今回は正式に選手契約となった。
 ポジションはシューティングガードで身長183㌢、体重85㌔。ユニフォームは58番をつける。
 同チームの中西淳GMは「昨シーズン特別指定選手としてチームに貢献してくれた鈴木選手が今回は選手契約という形で加入してくれた事は本当に大きな意味があります」と期待。
 その上で「福岡の大学から地元のプロチームに入団するという道筋を彼が今作り上げようとしています。彼が使命感をしっかり持ち、ライジングゼファーフクオカ、そして福岡のために活躍してくれるその姿をぜひ応援してください!」とメッセージを寄せた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市で、ゴールデンウィーク(GW)の人の往来に由来する新型コロナウイルス感染拡大が止まらない状況に…
  2. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では13日、…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域で12日、…
  4.  宮古、八重山の5市町でつくる美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会の中山義隆会長(石垣市長)ら…
  5.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採され、周辺で進められている陸上自衛隊配備工…

ページ上部へ戻る