「きいやま商店」広報部長に プレミアム付き商品券10月発行 石垣市

川満副市長から委嘱状を受け取ったきいやま商店のメンバー=12日、石垣市役所

 10月に予定される消費税率引き上げに伴う消費喚起を目的とした「プレミアム付商品券」を広くPRしようと、石垣市(中山義隆市長)は12日、市役所で石垣島出身のアーティスト「きいやま商店」を広報部長に起用すると発表した。

 商品券は1枚500円の券10枚綴りを1冊として最大5冊まで購入が可能。割引率は20%で、5冊2万円分購入した場合は、2万5千円分の商品券を受け取れる。
 利用できる店舗は石垣市商工会加盟店を中心に広く呼び掛けており、市内のスーパー、衣料品、ドラッグストアなどで使える予定。11月に開催される石垣島まつりでも使えるよう準備を進めている。
 商品券は住民税非課税者(配偶者が課税されている場合は除く)と3才未満の子がいる世帯の世帯主で市内の約1万6千人が対象。住民税非課税者は事前申請が必要となり、7月以降、引換券交付申請書の発送を予定する。
 対象者は9月に購入引換券が届き、石垣市商工会で10月1日から2020年1月31日まで購入引き換えができる。同1日から2020年2月29日までが使用期限となる。
 広報部長就任にあたり、きいやま商店のだいちゃんこと崎枝大樹さんは「一人でも多くの人に、絶対に買った方がお得な商品券をPRしたい。ライブのMCなどで一生懸命広報していきたい」と抱負を述べた。
 きいやま商店は7月7日のオリオンビアフェスト2019in石垣でも「さっそくPRしたい」と述べた。市はポスターやチラシなど市内商業施設や保育園幼稚園などに掲示・配布して積極的な利用を呼び掛ける。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る