請福酒造と星砂が採択 人的支援や資金援助 県産業振興公社

八重山の企業で今年度の中小企業基盤強化プロジェクト推進事業に採択された請福酒造の漢那社長(写真右)と星砂の大浜取締役=27日、沖縄産業支援センター

 県産業振興公社は27日、県内中小企業の経営基盤を強化する目的で支援する企業17社を採択。同公社の前田光幸専務理事が、採択を示す内定通知書を各社に授与した。八重山からは、酒造メーカーの請福酒造と米の加工品開発を行う星砂が選ばれた。支援は、企業が単体か複数で連携して取り組むプロジェクトに対し、同公社が人的支援や資金援助を行う。

 請福酒造は、宮古島や久米島の酒造メーカー2社と連携し、芋が原料の蒸留酒製造を行う。星砂は、西表島で栽培した無農薬米の加工品開発を行う。支援を受けるのは、単体で事業を行う13社と連携して事業を行う4社。期間は1年間で、支援予算は事業に関する幅広い分野で利用が可能。
 あいさつで前田氏は「公社が実施する事業の中で、企業からのニーズが高い。今年度は新規で70社近い企業から応募があった」と話した。
 請福酒造の漢那憲隆社長は「沖縄は昔、芋が主食だったため、芋焼酎に負けないくらいおいしい酒があった」と述べ、支援予算で認知度向上に繋げたいとした。
 星砂の大浜一将取締役は「製粉機を使い、米粉を作る。お米を使った甘酒の開発も考えている。無農薬で米を作るのでロスもあるが、加工することで商品にできる。生産性の向上も狙っている」と語り、支援予算を使った商品開発に夢を膨らませた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る